Hospital

有効な対策方法

45歳以降から増えてくる更年期障害ですが、閉経を控えた女性では様々な症状が現れ、うつやイライラ感などの精神的な症状が見られます。原因として女性ホルモンの減少が挙げられます。

根本的に解決

脊柱管狭窄症は、比較的多くの方がなってしまう病気のことです。
背骨に囲まれた柱の様な空間の事を脊柱管といいます。背骨は一つの骨でなく椎骨という骨が積み重なってできているので、その空間を作っているのは背骨である椎骨です。
脊柱管が作る空間には神経が入っている硬膜と呼ばれる袋があります。脊柱管狭窄症はこの脊柱管の空間が一部だけなくなり神経を傷つけることによって起こってしまう病気のことです。
脊柱管は椎骨が積み重なって出来る空間です。
そのため、椎骨が変性してしまうと空間を圧迫して神経の通っている硬膜を圧迫してしまうので腰痛の原因や神経障害が起こる原因となってしまいます。
脊柱管が狭くなる原因としては、先天性の場合と変形脊椎症などによる場合があります。後天的に脊柱管を作っている椎骨が変形してしまいます。
事故や加齢によって起こってしまう場合があるようです。
老化現象の1つとして考えられているので、良く高齢者の方が階段を降りる時に腰や足が辛いというのはこのような脊椎管狭窄症が原因の場合が高いです。
主に腰痛や腰の周りが思いなどの症状に加えて神経痛などが原因になってきます。
治療方法としては、薬などにはあまり頼らずに自然治癒力などを中心に治療していきましょう。
内科的な治療と心理的な治療、外科的な治療方法がありますが、3つの治療方法を組み合わせた治療が必要になってきます。
薬などで痛みを抑えても治療とは言えないので、痛み止めなどを飲む治療方法だけに頼るのではなく、様々な治療方法を行なってしっかりと根本的な治療を行なってくれるような病院を利用しましょう。

治療の選択

最近では、多くの方が腰痛などの問題を抱えています。体の老化が進むとかなり激しい腰痛を伴ってしまう可能性あるので、脊椎管狭窄症の場合はしっかりとした治療を行なっていく必要があります。

食材で予防

不安になってしまうことやイライラしてしまうことは誰にもある事です。女性は更年期障害などのような病気になると情緒不安定になりますが、その際には効果的な食材を摂取することによって予防できます。

▲TOPへ▲