有効な対策方法

効果的な施術

45歳以降から特に増えてくるのが、更年期障害です。特に閉経を控えた女性の場合にはこういった更年期には様々な症状が現れます。動悸や不眠といった自律神経の乱れと共に、うつやイライラ感などの精神的な症状が見られることもあるのです。こういった女性に起こる更年期の症状を改善するために、現在では婦人科外来などを中心にホルモン補充療法が試みられています。更年期に現れる様々な不快症状は、女性ホルモンの減少によって引き起こされていることが多いのです。ホルモン補充療法にかかる費用は、1ヵ月で約3000円程度が相場と言えます。更年期には様々な体の不調から病院を転々とする方も珍しくなく、そういった場合にはホルモン補充療法を受ける場合よりも医療費負担は高額になることがあるのです。

様々な方法

ホルモン補充療法では、個人にあった様々な方法で治療を行います。一般的な内服薬の他にも皮膚に張るタイプの薬などがあり、それぞれ効果も異なる訳です。更年期にさしかかると、これまで順調に分泌されていたエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが減少します。このエストロゲンは、皮膚を始め骨や自律神経など体の様々な部分に深く関わっているため、分泌量が減ることで様々な症状が現れてくる訳です。更年期で起こる動悸や不眠、イライラ感などはこういったエストロゲンの働きが弱くなったことで起こります。従ってホルモン補充療法では、減少したエストロゲンを補い、更年期の不快症状を和らげることを目指す訳です。最近の婦人科では、こういったホルモン補充療法を広く行なっています。

▲TOPへ▲