治療の選択

現在では多くの方が腰痛などの問題が発生しています。
そのような腰痛は脊椎管狭窄症の場合があります。
神経を圧迫することで起こる痛みなのでこのよう病気をしっかりと解決しないと一生痛みと付き合っていかなければなりません。
このような神経圧迫を行なうような病気の治療方法は数多くあるので、効果的かつ根本的治療が出来る治療方法を選択しましょう。

痛みを抑えるために行なわれる治療は薬物療法です。
消炎鎮痛剤などの痛み止めなどを利用して日常生活に差し支えないように痛みを抑える治療方法です。
他にも筋肉の収縮を弱める筋弛緩薬などを利用する治療があります。
痛みを伴った状態のままだと痛みが辛く長引いてしまう可能性があるので、利用して筋肉の緊張を説いてあげましょう。
薬物療法などを行なう際にはこのような治療方法が行なわれます。
理学療法などでは牽引療法などが行なわれています。この牽引治療はマイクロ波などを使用した温熱療法などを利用して治療を行ないます。血液循環を良くすることによって痛みを和らげたり、筋肉を柔らかくしたりすることで痛みを取り除く方法です。
効果が出る場合は続けてもいいのですが、症状が改善されない、または悪化したという場合はすぐに行なっている治療をやめたほうが良いでしょう。
他にも、患部付近の筋肉を鍛える事によって骨を支え、痛みを和らげる方法がありますが、リハビリ治療などのプロである理学療法士の方の指導を受けながら治療を行なうことが大切です。

▲TOPへ▲